サインの修理もお任せください!

こんにちは! 梅雨入りしジメジメしてきましたね。。 今回は梅雨にもめげず、破損した店舗サインの修理の様子をご紹介します! (トラックがぶつかってしまったそうで、見るも無残な姿になってしまったサイン↓)


数十年前の手法で作られた箱組みの内照式看板です。アクリルのパーツを組み合わせて作られていました。



寸法をはかり、そっくりそのままのサイズのパーツを新しく切り出し、ある程度組み立て、注射器を使って接着剤を流し込んでいきます。



カッティングシートを貼り、箱をしっかりビス留めします。



できました!!!!



細部まで点検し、施工完了です!



建物と合わせてあるデザインなので、代えがきかない1点ものの看板ですね。 今回のように、看板が壊れてしまってお困りのかたも、ぜひなかの工芸へご相談ください!

BLOG

なかの工芸の仕事を紹介するブログです